CLUCT / CLUCT×PUMA×MITA SNEAKERS CLYDE

「Puma(プーマ)」が誇る大定番クラシックコートモデルとして不動の地位を築いた「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」往年の名プレーヤー「WALT FRAZIER(ウォルトフレイジャー)」氏の愛称を冠したシグネチャーモデル「CLYDE(クライド)」。

そんな名作をベースに、デザイナー「植野 隆充(ウエノタカミチ)」が2007年にスタートしたアパレルブランド「CLUCT(クラクト/ “ベーシック+αの落とし込み”を基本コンセプトに掲げ、アメリカンカジュアルをベースにマテリアル、ディテールといった部分でアレンジを加え、長く着られるオーセンティックウェアを展開している)」と、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める
「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレートモデル「CLYDE FOR CLUCT MITA(クライドフォークラクトミタスニーカーズ)」がゲリラリリース決定。

2017年に10周年を迎えた「CLUCT」のアニバーサリーイヤーを記念して制作された今作は「CLUCT」が"インディゴ染め"の
デニムをアイコンアイテムとしている事や日本で誕生したブランドであると言うアイデンティティを日本に古来から伝わる染色法である"藍染め"の技術に着想を得て、深みのある独特な風合いの「インディゴブルー」で体現。

そしてフォームストライプ(プーマライン)には「mita sneakers」のアイコンであるCHAIN LINK FENCE(金網)を
"ステッチワーク"で表現。サイドパネルには、従来使用されている"筆記体"のCLYDE ロゴから着想を得て「CLUCT(左足)」
と「mita(右足)」を刻印。シュータンの織りネームには、デザイナー「植野 隆充」と旧知の仲である、ロサンゼルスのアーティスト「Chaz Bojórquez (チャズ・ボホルケス)」氏が「CLUCT」10周年の為に書き下ろした「チャズフォント」を配し
インソール(中敷き)には「Puma」「CLUCT」「mita sneakers」のロゴマークや「mita sneakers」のアイコンである
CHAIN LINK FENCE(金網)が配置され、エクスクルーシブモデルならではのディテールを細かな部分まで反映させています。
型番 02636
販売価格
17,280円(税1,280円)
COLOR
SIZE
購入数